スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』第09話 感想

 ミノタウロスをたったひとりで倒し、壁を乗り越えたベル。最速でレベル2になったことを受け、神の間ではその話題で持ちきり。ヘスティアはベルに相応しい二つ名を得るため、強い決意で会合に臨む。
●感想
 ヘスティア様が手に入れたベルくんの二つ名は"リトル・ルーキー"。最速なのにその文言は入れなかったのね。ヘスティア様が無難な名を欲したのは、ベルくんが中二病だからなのか。それはさておき、ヘスティア様はやっぱりさいかわだぜ!
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか #9_1


 新たな仲間ヴェルフ・クロッゾは、ベルくんお気に入りの鎧を作った鍛冶師。ただし、見た目が優男なので全然鍛冶師っぽくないのが減点。あと、名前がベルくんと被るからパーティを組むには不適格。これは原作者のミステイクだけどね。

 新スキル"アルゴノゥト"は誰かの危機に察知して発動する――ってどれだけ都合のいいスキルなんだよ。まるでベルくんが英雄になるのは最初から決められているみたい。まさか、そういう風に仕組まれて……!?
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか #9_2


 ゴロツキに凄むリューさん。パーティを組むよう進言するならリューさんが組めばいいんじゃないの? まだリューさんが冒険者をやめた理由が語られていないけれど、アニメでそこまで明らかになるかどうかは疑問。パーティの誰かならまだしも、ただのサブキャラにスポットを当てている余裕はないだろうな。


●評価(MAX:100)
 50

●今週のMVC(最優秀キャラクター)
 ヘスティア 
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHO(ショウ)

Author:SHO(ショウ)
大阪在住。アニメは新旧を問わず嗜んでおります。
連絡先はこちら

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。