FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』第03話 感想

 ベルの"強くなりたい"という願いをかなえるためにヘスティアが動く。ヘファイストスのもとへ訪れるとベルの武器を作ってもらうよう懇願する。その想いに動かされたヘファイストスは神の名を持つ最高のナイフを完成させた。

 オラリオに戻ったヘスティアはベルとデートを楽しんでいた。そこへ怪物祭で用意していたモンスター『シルバーバック』が脱走し、ふたりに襲いかかる。ヘスティアを逃がすため、ベルはひとりでシルバーバックの前に立ちはだかるのだった。


●あらすじ
 冒険者を志し、途方に暮れていたベルに手を差し伸べたのがヘスティアだった。神様を――大切な家族を失わないためにベルは勝算のない戦いに挑む。

 シルバーバックの猛攻にベルは為す術がない。追い詰められたベルはヘスティアのことを思い、先日のアイズの再来を願う。死を覚悟したベルの前に突如ヘスティアが姿をみせる。ベルは残る力を振り絞り、ヘスティアと再び逃走を図った。

 建物の影に身を潜めると、ヘスティアは新たな武器【ヘスティア・ナイフ】をベルに手渡す。それはベルと共に成長していく生ける武器。ヘスティアはステータスを更新すると、ベルを力強く送り出した。

 さらなる成長と新たな武器を得たベルはシルバーバックを圧倒し、ついにその巨体を地面に横たわらせた。

 抱き合って喜ぶヘスティアとベル。その様子を遠巻きに見るアイズ。さらに遠く、マントを纏いし女も一部始終を見守っていた。意味深な笑みを浮かべると、ヘスティアの名を、そしてベルの名を口にした。


●感想
 冒頭の回想でヘスティアに対するベルの気持ちがようやく理解できた。自分を救ってくれた"神様"に対して邪な考えを起こすはずもない。ただ、ヘスティア様が家族というのは幸なのか、それとも不幸なのか。

 ベルの憧れの人であるアイズたんは、回を追うごとに目立たなくなってきた。その理由はベルの早熟スキルにより、一番の個性である強さが失われつつあるから。チート性能はゲームに限らず気分を盛り下げる効果があるようだ。


 ガネーシャも登場して、他のファミリアも少しずつお披露目が進んでいる。勢力図が今ひとつはっきりしないけれど、ヘスティアはこれからもベル以外をファミリアにする気はないのだろうか。MMOのギルドだって無闇やたらと増やすのがどれだけ危険なことか重々承知している。(人間関係って難しいね……)


 Cパートはヘファイストスの作業着(?)に身を包んで恥らうヘスティアのサービスカット。露出は減っているし、他に恥ずかしがる理由が当たらない。ナイフの代金を稼ぐためにバイトでもするのかな?


●評価(MAX:100)
 60

●今週のMVC(最優秀キャラクター)
 ヘスティア(ここは最後まで固定されそうな予感)


●次回予告
 弱者(サポーター)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHO(ショウ)

Author:SHO(ショウ)
大阪在住。アニメは新旧を問わず嗜んでおります。
連絡先はこちら

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。