スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリスと蔵六 #6「樫村家」感想

ありふれた人間の生活だが、紗名にとってはすべてが新鮮。朝起きて顔を洗い、新聞を取ってきてから食事をする。少しでも退屈な時間があると全身で暇を表現する紗名。すべてが全力ですべてが愛おしい。
アリスと蔵六 #6_1 

婚約パーティーへの納品に同行する紗名。依頼者は第1話の依頼人。まさかプロポーズが成功していて、しかもこんなに若い子だったとは。あっさりと流しているけれどもっとツッコんであげてもよかったかも。このスルーは逆に気になる。
アリスと蔵六 #6_2 

おかっぱお任せ風に仕上がった紗名は、蔵六から貰った豚のぬいぐるみを電灯に吊るす。すぐに根元がブチッといきそうで怖い。この位置さすがに低すぎるんじゃないかな。
アリスと蔵六 #6_3 

紗名は養子として迎えられ、正式に樫村家の一員となった。その一枚の紙切れが、紗名に大きな心境の変化を与えていた。厳しい極寒の朝の務めを果たせるほどに。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHO(ショウ)

Author:SHO(ショウ)
大阪在住。アニメは新旧を問わず嗜んでおります。
連絡先はこちら

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。