FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリスと蔵六 #8「悪い魔女」感想

突然アリスの夢に目覚めた少女、羽鳥。自分にその能力があると知った羽鳥は、親友の歩と共にその力を何気なく使うようになる。しかし、両親にも影響が及んでいることを知った羽鳥はたまらず家を出る。能力に振り回される羽鳥。心の拠り所は親友の歩だけだった。
アリスと蔵六 #8_2 

紗名は髪型を変え、ウサ耳をつけてますますアリスに近づいていく。先週のおかっぱお任せ風から随分垢抜けたなぁ。服装もらしくなってきて、すっかり人間の少女になってしまった。もちろんいいことなんだけどね^^;
アリスと蔵六 #8_1 

羽鳥はいつものように町中の人間の動きを止める。あさひとよながもその能力を受け、停止してしまう。しかし、紗名はその影響を受けなかった。能力者の力量によって無効化できるかは不明だが、紗名の特出した力は羽鳥の力より上回っているのだろう。
アリスと蔵六 #8_3 

紗名と羽鳥の闘いは能力が相殺することで決着はつかなかった。羽鳥は自分のしたことを省み、後悔する。そんな性格の彼女がここまで大胆な行動を取る理由は何か。純粋すぎる紗名と、煮え切らない性格の羽鳥。この出会いが吉と出るか凶と出るかは、まったく分からない。何の話なのかもまったく分からない。

そう、アリスの夢のごとく。
アリスと蔵六 #8_4 

ライバルと呼ぶにはあまりにも普通な女の子の羽鳥。紗名にとってどういう存在となるのか、その顛末がとても興味深い。羽鳥のザ・ワールドを超越するのに必要なファクターは、やはり純粋な”怒り”なのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHO(ショウ)

Author:SHO(ショウ)
大阪在住。アニメは新旧を問わず嗜んでおります。
連絡先はこちら

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。